カート

商品がありません

$0.00 出荷
$0.00 合計

カート 注文

 

付属品の使用方法

 

Q : 器具を使用する時にオイルや潤滑剤を塗らなければなりませんか。

A : 使用するのにスムーズでない感じがあればソフトに着用できるようにスプリングが入る穴とスプリング固定ボルトの周りにオイル(植物性)を1~2滴落とします。

 

Q : 牽引力の設定はどのようにすれば正確にできますか。

A : 牽引力の設定は、立ってしなければ正確な数値を設定することができません。直立状態で器具を水平に固定させて真空管に表示された牽引力とスプリング固定ボルトの黄色い部分の先が一致するように設定します。

 

Q : 亀頭固定バンドはどのくらい使用することができますか。

A : 亀頭固定バンドは医療用の特殊シリコンでつくられているので、1年以上使用することができます。

シリコンの材質の特性として、鋭くとがった部分に触れると破れやすいので特に注意してください。

 

Q : どうすれば亀頭固定バンドを亀頭の大きさに合わせることができますか。

A : 亀頭固定バンドの適当な大きさは、亀頭から外すときに若干の圧迫があっても痛くない程度のものを使います。真空管にポンピングを加えると亀頭が真空管に完全に入ってから若干空気が洩れる音と共に真空状態が維持されるのが最も理想的です。また、ポンピングをしても亀頭だけが真空管に入って亀頭の下部(尿道)は入らないようにするか、入ったとしても少しだけにとどめます。

 

Q : 亀頭固定バンドの交換時期はいつが適当ですか。

A : 1)『亀頭固定バンドが小さい場合』:ポンピングをすると亀頭の下の部分(尿道)の皮が引っ張られて入ったり、着用中または着用後に外す際に亀頭が痛いという場合には、亀頭固定バンドのサイズを一段階大きなものに交換してください。小さなサイズを長く着用すると亀頭に無理がかかって痛みや水ぶくれが発生することがあります。

 

    2)『亀頭固定バンドが大きい場合』:亀頭が真空管に入りきる前に空気が洩れる音が聞こえ、真空状態が維持されない場合には、亀頭固定バンドのサイズを一段階小さなものに交換します。何度か着用すると分かるようになります。

 

Q : 真空吸入ポンプのポンピングはどのくらいするのがいいですか。

A : 亀頭の上の部分が完全に入ったらポンピングはやめます。

亀頭の上の部分がすべて入ったにもかかわらずポンピングを続けると、過多な真空圧力と牽引力によって水ぶくれやあざが生じ、尿道部の皮が吸い込まれて炎症が生じることがあります。

 

Q : 安全バルブ固定装置の使い方は?

A : 空気吸入ポンプを用いて真空管の内部を真空状態にした後に、安全バルブが衣服などに触れて開かないように固定する装置です。

 

注意!

着用中に無感覚になったりひどい痛みがある場合には着用時間とは関係なく器具を外して5~10分ほどマッサージをしてください。